滋賀県
 
 甲賀市立信楽小学校6年

 イベント名 総合的な学習の時間「共に生きる」
写真のご当地性の説明 信楽焼のたぬきと共にSTAND UP!
ご当地だからこそできる自分たちのアクション 陶器まつりや火祭りで、外国からの観光客を目にすることが多い信楽。自分たちの文化も大切にしつつ、広く世界に目を向け、自分たちにできることを考えていきたい。  
     ◆◆入賞者の声◆◆

ご当地スタンドアップフォトコンテストで賞をいただき、みんなで喜んでいます。ありがとうございます。

わたしたちの住む信楽では、観光客としての外国の方の姿を目にすることは多いですが、世界の現状については知らないことがたくさんありました。そこで、総合的な学習の時間に「共に生きる」というテーマで世界の人に目を向ける学習をしています。世界の貧困層・富裕層、児童労働とフェアトレード、識字問題などについて、ワークショップなどを通してまずは知ることから始めています。この後、各自でテーマをしぼって調べ学習を進め、自分や自分たちにできることを探っていきたいと計画しています。

その中で、このSTAND UPに出会いました。これから、TAKE ACTIONに向けて、みんなでしっかりと学び、考えていきたいと思います。