南アフリカ
 
 AMANDLA!

写真のご当地性の説明 指導者の1人としてアパルトヘイトに打ち勝ち、その後も、HIV/エイズや貧困との闘いを続けるネルソン・マンデラ氏とともに立ち上がりました。
ご当地だからこそできる自分たちのアクション 南アフリカ共和国にて地域の人々と協力して貧困解決に取り組むとともに、格差社会の現実やそれに対する人々の動きを日本に発信します。  
 ◆◆入賞者の声◆◆

スタンド・アップには2006年の第一回から欠かさず参加しています。このアクションは、一年間の行動を振り返り、次の一歩を考える、私たちにとって大変重要なものです。この度の受賞を心から光栄に感じています。ありがとうございます。

私たちは、南アフリカ共和国随一の大都市Johannesburgにて、ネルソン・マンデラ氏の立像とともに立ち上がりました。氏を含む人々の行動がついにアパルトヘイトを終焉させたように、一人ひとりの行動によって「貧困のない世界」を実現したいと考えたためです。

この国は、国内に広がる甚大な格差から「世界の縮図」とも称されています。十分なお金があれば不自由なく暮らせる一方で、水の確保にすら苦労する人々が少なくありません。

MDGsの達成期限が目前に迫り、ポストMDGsの議論が本格化しています。これに資するべく、当地から、貧困の現状や背景、格差が生み出す現実などを積極的に発信していくことをテイク・アクションとして掲げ、これからも貧困解決に取り組んでいきます。